いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くるりワンマンライブツアー2009 ~とろみを感じる生き方~@中野サンプラザ2日目
2009年 11月 10日 (火) 23:51 | 編集
セットリスト

ジュビリー
Superstar
愉快なピーナッツ
太陽のブルース
ベベブ
つらいことばかり
さよならリグレット
三日月
シャツを洗えば
Birthday
かごの中のジョニー
デルタ
京都の大学生
青い空
魂のゆくえ
リバー

ばらの花

アンコール
ブレーメン
ワンダーフォーゲル
スポンサーサイト
くるりワンマンライブツアー2009 ~とろみを感じる生き方~@中野サンプラザ初日
2009年 11月 09日 (月) 23:46 | 編集
セットリスト

ジュビリー
Superstar
愉快なピーナッツ
太陽のブルース
ベベブ
つらいことばかり
さよならリグレット
三日月
シャツを洗えば
Birthday
かごの中のジョニー
デルタ
京都の大学生
青い空
ナイトライダー
ロックンロール

ばらの花

アンコール
ワンダーフォーゲル
東京
川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年@武道館 2日目
2009年 10月 11日 (日) 21:01 | 編集
10月11日の記事

10月7日 武道館二日目

*PUFFY
ジェット警察
DOKIDOKI
愛のしるし
オリエンタルダイヤモンド
渚にまつわるエクセトラ
赤いブランコ
働く男
誰かが
アジアの純真

昨日やらなかった「渚にまつわるエクセトラ」をやってくれました。
サビの振りも自然と出ます。
最後は「アジアの純真」川西さんとしーたかさんのドラマーのソロ対決で終了。
今日のほうがセトリもよかったし盛り上がっていたかな。
今度、ライブに行きたいな~。

次はブラックボーダーズ。
昨日は西側の席で姿がまったく見えなかったけど、今日は東だから大丈夫!と思っていたら、なんと東側のミニステージに登場・・・(悲)

*くるり 
愉快なピーナッツ
青い空
ばらの花
デーゲーム
ロックンロール
ブレーメン


ちょっぴりアウェーの雰囲気だったけど(2階席は座っている人、結構いたし)、ワンマンライブとはまた違う気合の入った岸田君を見れたような。
「川西さんの曲でもやろうかと思ったら、このあとユニコーン本人が川西さんの曲をいっぱいやるっぽいので、手島さんの曲をやります」とデーゲーム。
やると思っていましたが、生で聞くと良さが倍増。
民生さんはさらりと歌う感じだけど岸田くんは余韻を残して歌っている、そんなかんじでした。
ちなみに、テッシーのお祝いの時に川西さんの曲をやってくれるそうです。
ブレーメン→街の流れが、これまたよかった。
画面にアップの岸田君の顔がかっこよすぎ(笑)
そして街を歌い終わった瞬間、歓声と拍手がすごかった。
もう感動の嵐ですよ。短かったけど、大満足。

お次は、ブラックボーダーズの再登場。
今度は西のステージでやってくれたから見えたけど小さかったです・・・
昨日より盛り上がっていましたね。

*ユニコーン
ロック幸せ
キミトデカケタ
素浪人ファーストアウト(Vo.川西)
ブルース(Vo.川西)
P.T.A.~光のネットワーク
ケダモノの嵐
パープルピープル
HELLO
ヒゲとボイン
WAO!

(EN)
半世紀少年

トリはユニコーン。
オレンジ色のツナギで登場。ポリシックスを思い出しましたよ。
やった曲は同じですが、順番が違いました。
川西版素浪人ファーストアウトの時、阿部Bが川西さんの股間を…
ちゃんと歌えるか勝手に心配になりましたが、必死になって歌っていました(笑)
ブルースでは法被とヘルメットを持ってきているスタッフから逃げまくったりと50歳なのに可愛すぎます。

民生さんに交代しMCでは
、「ただ50歳の誕生日を迎えるだけなのに」とか「もう、歌いません。ちょっと歌うかもしれませんけど」とか「やってるうちにどんどん申し訳ない気持ちになってきます。本人はやることが多くてテンパってて分からないかもしれませんが、僕らは結構余裕があるので申し訳ない気持ちになってます」みたいなことを言ってました(笑)

ケダモノの嵐は何度聞いてもかっこいい。
歌い終ったあと「岸田が初めて聞いた曲か。まいったか」みたいなことを言ってました。
本編最後は「WAO!」で盛り上がり、アンコールは「半世紀少年」。

メンバーが去り、川西さんが出てきて挨拶。
昨日はウルウルしていたけど今日は晴れやかな達成感にあふれた顔つきでした。
そして観客と一本締め。

チケット発売された時は行かないつもりだったけど2日間とも行ってホント良かった。
大阪も行きたいけど、ここは我慢。

川西さんは、これからもかっこよくドラムを叩いて欲しいです。
でも50歳なんで無理はしないでくださいね。
くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~@日本武道館
2009年 07月 13日 (月) 00:39 | 編集
【セットリスト】
1.ワンダーフォーゲル
2.リバー
3.青空
4.トレインロックフェスティバル
5.LV45
6.愉快なピーナッツ
7.籠の中のジョニー
8.Natsuno
9.ミレニアム
10.屏風浦
11.マーチ
12.さよならリグレット
13.ブレーメン
14.背骨
15.リルレロ
16.ベベブ
17.ロックンロール
18.東京

アンコール1
19.ばらの花
20.虹
21.太陽のブルース

アンコール2
22.魂のゆくえ


岸田君が「ライブハウス武道館へようこそ!」と言ってましたが武道館ってなんか特別な響きがありますな。
zeepの時もそうでしたが1曲目がワンダーフォーゲルだとテンション上がります。
セットリストは有名な曲とマニアックな曲が適度に混ざり合っている感じ。
ブレーメンが聞けたのが良かった。
東京では岸田君が熱唱しているのにメガネがずり落ちる顔がドアップに写り笑ってしまった。
本来なら笑う曲ではないんですけどね。
落ちそうで落ちないあの”間”にやられました(笑)

「最後に愛を込めて歌います」と魂のゆくえ。
これは、ホント心がこもっていて、じーーーーんときた。

冬にまたツアーをやるので、それもまた楽しみです。
中野と大宮のチケット、取れるといいな。
くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~@6/24 Zepp Tokyo
2009年 06月 26日 (金) 00:37 | 編集
【セットリスト】
ワンダーフォーゲル
飴色の部屋
尼崎の魚
HOW TO GO
LV45
愉快なピーナッツ
太陽のブルース
かごのなかのジョニー
つらいことばかり
鍋の中のつみれ
さよならリグレット
魂のゆくえ
ミレニアム
マーチ
青い空
ばらの花
ロックンロール
ホームラン
Natuno

〔アンコール〕
Smoke On The Water(ドラム:岸田さん ギター:佐藤さん ベース:ボボさん)
屏風浦
リバー
すけべな女の子

最高に楽しいライブだった!
始まる前に「ワンダーフォーゲル聞きたいけど、やらなさそうだよね」なんて話していたんだけど、一発目がワンゲルでもうテンションが一気にあがりまくり。
かごのなかのジョニー→第九→つらいことばかりの流れがめちゃめちゃ、かっこよかったな~。
青空の盛り上がり、これはもうすごかった。
「みなさん2歩さがりましょう」には笑いましたが。

アンコールでは、まず岸田君が出てきてドラムセットに座ったままの物販紹介。
あれ、いつもは佐藤君なのに。でもなんだか楽しそう。
そして2人で出てきてSmoke On The Water。
そして大好きなリバーをやってくれたのが予想外で大感激でした。

最初にも書いたけどホントにホントに楽しいライブだった。
「魂のゆくえ」も一層好きになりました。
武道館が楽しみです。
COUNTDOWN JAPAN 08/09 1日目
2008年 12月 31日 (水) 20:53 | 編集
カウントダウンジャパン

友人にチケットを譲ってもらいCOUNTDOWN JAPAN 08/09の1日目に参戦してきました。

カウントダウンジャパン

カウントダウンジャパン

Tシャツとタオマフを買っていざ出陣。

カウントダウンジャパン

【くるり】
新曲

さよならリグレット
おなべのつみれ(新曲)
愉快なピーナッツ(新曲)
太陽のブルース(新曲)
夜汽車(新曲)
8HOW TO GO

夜汽車は、どっかで聞いたことあるメロディがあるなと思っていたけど「上を向いてあるこう」に似ていたような。
新曲ばかりで早く聞けて嬉しかったような、フェスの一発目だし知っている曲で盛り上がりたかったような複雑な気分。

【DJブース】
「少年メリケンサック」
出演者が出てきて近くにいた女の子が「キム兄~!!」「瀧さーん!!(ピエール瀧)」と大興奮で叫びまくっていたのに5分位でさっさと移動してしまった(汗)
ピエール瀧さんがお客さんにビール持っているか?と聞いているのが面白かった。

【Perfume】
love the world
パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
(2曲だけ聞いて真心へ移動)

かなり盛り上がっていた。男性陣が凄かった。
MCがボケボケで面白い。
「3人揃ってPerfumeです」の「Perfumeです」の部分で男性陣が一緒になって言っているのが、ある意味衝撃的だった。
TVで聞くよりライブのほうがすごいね。
【Read More】
京都遠征  夜の京都タワー
2008年 05月 14日 (水) 23:59 | 編集
京都タワー
camera:α Sweet DIGITAL/AF28mmF2.8

最後の〆は夜の京都タワー。
ここも『ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER』のジャケット表と裏に使われています。(初回版は箱の表と裏)
前回は宿に帰るのが遅かったからライトアップされているの見れなかったんですよね。
ファンとしては同じ景色が見れて大満足。

この後、夜行バスで帰路の途についたのでした。
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。