いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首都圏外郭放水路
2009年 11月 29日 (日) 23:14 | 編集
埼玉県民の日に首都圏外郭放水路が一般公開されたので行ってきました。
2005年にも行っているけど、その時は駅からのバスに乗ったのは3、4人だったのに今回は満員。
いやいや、この数年で知名度があがったのね。びっくり。

09-1128-1.jpg

これが地下神殿です!
以下、似たような写真が続きますので・・・

09-1129-7.jpg

09-1128-2.jpg

09-1129-6.jpg


09-1128-5.jpg


09-1128-4.jpg

09-1128-9.jpg

09-1129-8.jpg

スポンサーサイト
首都高講座 川崎縦貫線大師ジャンクション その2
2008年 11月 01日 (土) 01:21 | 編集
首都高見学

トンネル工事現場へ。

首都高見学

工事用の階段で下ります。これが揺れるので結構怖い。

首都高見学

ここのトンネルはMMST(マルチマイクロシールドトンネル)工法で建設されています。
ほとんどの人が「MMST工法とはいったいなんだ?」だと思うので詳しくはこちらを。

首都高見学

首都高見学

トンネル内を歩きます。

首都高見学
【Read More】
首都高講座 川崎縦貫線大師ジャンクション その1
2008年 10月 25日 (土) 23:27 | 編集
首都高見学

首都高講座3限目の首都高川崎縦貫線大師ジャンクションの工事現場を見学してきました。

首都高見学

まずは工事の説明を聞く。

首都高見学

そして階段を降りてトンネルへ。
ここは大師JCTの地下への入口部分。

首都高見学

首都高見学

車が走る反対方向に歩きます。

【Read More】
神戸遠征記 明石海峡大橋 その3
2008年 05月 30日 (金) 23:03 | 編集
明石海峡大橋
camera:α Sweet DIGITAL/AF28mmF2.8

時間になったのでエレベーターで戻ります。

明石海峡大橋

帰りはここではなく・・・

明石海峡大橋

橋の端の通路で。ここが、また怖い。
【Read More】
神戸遠征記 明石海峡大橋 その2
2008年 05月 30日 (金) 20:19 | 編集
エレベーターで頂上の98階へ。
海面上高さ約300mの主塔をからの景色は・・・・

明石海峡大橋
camera:α Sweet DIGITAL/AF28mmF2.8

すごーーーーい!!それしか言葉が出ません。

明石海峡大橋

目の前に広がる大パノラマ。こちらは淡路島側。
【Read More】
神戸遠征記 明石海峡大橋 その1
2008年 05月 30日 (金) 05:39 | 編集
明石海峡大橋
camera:α Sweet DIGITAL/AF28mmF2.8

「明石海峡大橋ブリッジワールド」に参加してきました。
どんなもんかと言うと世界最長の吊橋・明石海峡大橋の塔頂まで登るツアーでTVで紹介されているのを見て前から行きたかったのです。

明石海峡大橋


明石海峡大橋

受付を済ませたら概要説明会、橋の科学館を見学し、いよいよ出発です。

明石海峡大橋
【Read More】
警視庁本部
2007年 02月 24日 (土) 16:12 | 編集
有楽町のリプトンコーナーでお昼ご飯を食べたあとは警視庁本部の見学です。
悪いことはしていないのに建物に入るだけで緊張。
見学用のバッチを渡されてスタート。

警視庁本部
camera:α Sweet DIGITAL/TAMRON AF 28-300mm

「ふれあいひろば 警視庁教室」
まずは三択クイズから。
警視庁はどの管理下にあるかというもの。
正解は東京都公安委員会管理下の東京都の警察。

そして、警察学校や警視庁の活動についてのビデオ鑑賞。
公園で容疑者を格闘の末に逮捕したり、酔っ払いに絡まれていたり、自転車の危険運転の場面なんかは、ちょっと演技がワザとらしくて思わず笑ってしまいました。いたって真面目な内容なんですけどね。

「警察参考室」へ。ここは明治期からの制服や、都道府県ごとの県警のエンブレム、覚せい剤のサンプルやあさま山荘事件の写真などが展示されています。

警視庁本部

写真撮影できるのは一部のスペースのみで展示品の撮影は禁止でした。

警視庁本部

お次は、23区の110番を受け付けている「通信指令センター」やっと現場を見ることが出来ました!ここも残念ながら撮影は禁止です。

各デスクにモニターが三つ。電話を受けながらペンタッチの端末で、内容を手書きで入力し該当する地域の警察署と同じ部屋内にある無線指令係に情報が送られていきます。
他の受付者のメモも画面に映し出され、どんな内容の電話が入っているのか分るようになっていて、緊急の事件、事故の内容は赤いランプが点灯します。(見学中もひんぱんに点灯していました)

1日に5000件の入電があり(7秒に1件)そのうちの3分の2が事件、事故。その他はイタズラや無言、相談ごとで、ピークは夕方の4~6時、交通関係の通報が多いとのこと。

通報の半分は携帯からで4月からGPSが導入されます。
場所を伝えられない人が多いんでしょうね。
もし、自分が出先で事件・事故を目撃して110番しても気が動転していて現在地を正確に伝える自信はないし。

勤務体制は8時間交代で3日に1回は夜勤があり女性も同じように働いているそうです。

これで、あっさりと見学は終了。
もう一ヶ所ぐらい見たかったけど仕事の内容上、これが限界なんでしょう。

【Read More】
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。