いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cafe MANGROVE (カフェ・マングローヴ)
2004年 04月 24日 (土) 23:54 | 編集
写真展を見た後、せっかくオサレな街に来ているんだから、オサレなカフェでも行こうかと。しかし友達も私も恵比寿はさっぱり分からない・・・・(ー"ー;)

適当にぷらぷら歩きCafe MANGROVE (カフェ・マングローヴ) へ。

4月23日の画像その2

入り口に置いてあったカエルの置物。本物のカエルは大キライだけど置物になると可愛いんだよな。なんでだろう。

4月23日の画像その3

頼んだタイカレー。味はタイ料理専門店じゃないしこんなもんだろうって感じでした。がんばって風味をだしているのは分かるんだけど、もう一息かな。

しかし、食べ物写真って難しい。美味しさがなかなか伝わらない。
スポンサーサイト
没後50年 "知られざる ロバート・キャパの世界展"
2004年 04月 24日 (土) 23:36 | 編集
昨日ですが東京都写真美術館でやっている「知られざる ロバート・キャパの世界展」に行ってきました。

いや~、どの写真もその当時の生々しさが伝わってきてすっごくよかった。
ラオスの写真が、自分が撮った写真と同じ構図なのがあってなんか不思議な感じがしたし、景色がほとんど変わってないのに驚いた。
今日思ったのが写真って好みが別れるなってこと。同じ写真を見ても感想がまったく違ったりして。面白いよなぁ。


4月24日の画像

こりゃ、写真集買わなきゃでしょって事で買ってしまいました。
ASIAN JAPANESE  アジアン・ジャパニーズ
2004年 04月 23日 (金) 10:49 | 編集
4月23日の画像

新潮社が旅と食の本フェアってことで買ったのが小林紀晴の「ASIAN JAPANESE」

旅行記や現地の人の事を書いた本はいくらでもあるが、旅をする側のことを書いた本ってあまりないし、そこに魅力を感じた小林紀晴さんはすごい!

本書に書いてある「嫌だったら、逃げればいいんだ!」
誰にでもこの現実社会から逃げたいって気持ちもあると思うしそれを正々堂々書いてあるのにビックリした。
このくらいでいないと、この息苦しい日本社会ではやって行けないきがする。
(ちなみにこの本に登場した人が逃げているとは思っておりません。旅をするのは、それぞれの目的があると思うので)

人生長いんだし日本を離れる期間があってもいいのでは。ただ実行した時それなりのリスクはあるけどね。


叔母がこの本のハードカバーを持っていたので見せてもらった。文庫本で削られていた部分が載っているし、写真も大きくて見やすい。
この本の魅力はやっぱり写真だと思うんで、ハードカバーで読むのをお勧めします。
花*花 その2
2004年 04月 21日 (水) 00:27 | 編集
4月21日の画像
camera:RICOH Caplio G4 wide

またまたRICOH Caplio G4 wideでマクロ撮影。


4月21日の画像その2
camera:RICOH Caplio G4 wide

プリムラ・マラコイディス (サクラソウ科)

白くて小さい花って可愛くて好きです。
真冬でも咲く花だそうで外見と違って力強い花なんですね。


さくら、さくら その3
2004年 04月 14日 (水) 23:40 | 編集
4月14日の画像

LOMO LC-Aでの桜。フイルムはAGFA VISTA100でございます。デジカメで撮った写真とは雰囲気がまったく違うからこれまたオモシロイ。
これだからみんないろんな種類のカメラが欲しくなるんだろうな。

只今、他の桜の写真もスキャン中なのだがスキャナの調子がどーもイマイチなのよね・・・
花*花
2004年 04月 10日 (土) 22:27 | 編集
なんだか最近、花を撮りたい気分です。
今まで花を撮ったことなんてほとんどなかったんで、下手だけど・・・自己満足ってことで。(´ヘ`;)

4月10日の画像
camera:RICOH Caplio G4 wide

スターチス イソマツ科
別名 ハナハマサジ(花浜匙)


4月10日の画像その2
camera:RICOH Caplio G4 wide

花の色は白,青紫,ピンク,黄色などあります。とっても可愛い花ですよね。
ちなみに花言葉は「永遠に変わらない」そして「いたずら心」だって。なんか照れちゃいますね。
LOVE & FREE
2004年 04月 08日 (木) 23:09 | 編集
4月8日の画像

LOVE & FREE 高橋歩

この前は迷った末に「人生の地図」を購入したのでしすが、こちらも買っちゃいました。

たまに「綺麗なこといいすぎなんじゃないの?」って思ってしまう部分もあるけど、やっぱり心に響く写真や言葉が多い。

夕日に感動する余裕を持って、毎日を生きよう。夕日はいつもそこにある

これには「はっ」とした。海外にいるときは夕日を見て感動していたのに日本にいる時は、あまりそういう事がないかも・・・
自分が今とっても窮屈な毎日を送っているからなのだろうか。そのくらいの余裕を持って生活しないとだよな。


それと

誰かの「ひとこと」で、急に幸せな気分になるときがある。
誰かの「ひとこと」で、完全に人生が変わる人もいる。
誰かの「ひとこと」を支えに、一生を生きていく人もいる。

ヒトツヒトツ ノ コトバ ニ アイヲ。

すっごく難しいけど、
それが一番シンプルで、一番大きな優しさの表現方法かもしれない。


言葉って相手を幸せな気分にもさせるし、一歩間違えれば凶器にもなる。
とってもシンプルな表現方法だからこそ、考えて言葉をはっせなければならないのだろうね。
うーん。難しいななぁ。

さくら、さくら その2
2004年 04月 06日 (火) 22:59 | 編集
先月末に行った代々木公園の桜。

4月6日の画像その1
camera:RICOH Caplio G4 wide


4月6日の画像その2
camera:RICOH Caplio G4 wide

桜が満開なこの時期はカメラ好きにはたまらない季節ですな。東京都内は葉桜になってしまっている所が多くなってきて、ちょっと残念。

さくら、さくら その1
2004年 04月 05日 (月) 23:13 | 編集
先月末、中目黒にお花見に行ってきました。

4月5日の画像
camera:RICOH Caplio G4 wide


4月5日の画像その2
camera:RICOH Caplio G4 wide


4月5日の画像その3
camera:RICOH Caplio G4 wide

中目黒って初めて行きましたが、なかなかオシャレな街だし交通の便も良さそうだし住みやすそう。
こんなキレイな桜並木があるなんて知りませんでした。

copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。