いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ怪人紀行
2004年 07月 02日 (金) 22:52 | 編集
タイ怪人紀行
ゲッツ板谷
4043662017

普通の人があまり行かない(つーか行けない)麻薬更生寺、インチキ心霊療法の話など面白いのだが、パターンが同じなので(カモちゃんが突拍子もない行動をとる→ゲッツ板谷が心の中で突っ込みをいれるってパターン)途中から、ちょっと飽きてしまい読み終わるまで3ヶ月もかかってしまいました。

タイに行ったことがある人ならば「あぁ、タイ人ってこんな感じだよな」と笑える本なのではないかと。
あの、うっとおしい暑さが懐かしい・・・・

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
そうそう!
サイバラ、鴨ちゃんは好きなんだけどね~。
あの回想コメントは狙いすぎていて、まったーく好きになれません。
2004/ 07/ 02 (金) 23: 27: 57 | URL | naomi # 79D/WHSg[ 編集 ]
naomiさんも同じこと思っていましたか。
なんか狙っている??って感じなんですよね。
もうちょっと、さらっとした感じでツッコミを入れていれば感じ方が違ったかも。
2004/ 07/ 04 (日) 00: 32: 03 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゲッツ板谷 著 / 角川文庫社 / 2002年 / ¥600(税別)あまり好きではないゲッツ氏の文章ですが、サイバラ+鴨ちゃんが絵と写真を担当しているという事で読んでみました。内容的にはディープなタイを満喫していてそれなりに楽しいのですが、やはり文章が好きになれません
2004/07/02(金) 23:26:07 | 旅本よんで旅にでよう
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。