いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メメント・モリ
2004年 05月 10日 (月) 21:13 | 編集
メメント・モリ
藤原 新也
4795810222

「ちょっとそこのあんた、顔がないですよ」でまずなんとも言えない気分になり、ページをめくっていくと「死」のにおいがする写真ばかりで衝撃的だった。

人間が犬に喰われている写真、この写真が印象に残っている人は多いのではないでしょうか?
「人間は特別な存在ではない。自然の中の一つなんだ」と訴えられているそんな感じがした。

「生」と「死」についてじっくり考えたい時にまた読むとしよう。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
>人間は特別な存在ではない。自然の・・
確かに彼の写真や文章から、そんなメッセージが伝わってきますね。
彼が描いたイラストとともに綴られた「印度動物記」。
98年のものなんだけれど、その中で、
「世界最貧の犬」これも、リアルでした。
私、食事しながら読んでいたんだけれど、失敗失敗。
自然の営みの中で、様々ものたちが連鎖して、大きくまわる。
人間の営みもその大きなサイクルの中の一部なんですよね。
彼の作品の中で「アメリカ」は、笑って読めますよ。面白かったです。
2004/ 05/ 11 (火) 14: 54: 24 | URL | nana # 79D/WHSg[ 編集 ]
藤原新也さんの本は内容によってはご飯時は控えたほうがよさそうですね。
例の犬の写真は衝撃的でしたよ。だって、今の生活だと自分が犬に喰われるなんて考えられないですもん。なんだか考えさせられましたね。
自分があのシーンにでくわしてもシャッター押せないだろうなぁ。
「印度動物記」と「アメリカ」も今度読んでみようと思います。
2004/ 05/ 11 (火) 20: 53: 59 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
京都の大丸で、藤原新也さんの写真展をやってるので明日見に行ってこうようと思っていたところです。
ほんと、犬に喰われるなんて考えられないですね。
人が喰われてるところも考えられないし、それを写真に撮るなんてねぇ…。
2004/ 05/ 12 (水) 22: 36: 02 | URL | ふくちゃん♪ # 79D/WHSg[ 編集 ]
こんばんはです。
前に藤原新也さんの写真展東京でもやっていたような。今は京都でやっているんですか!
その写真も展示されているのかしら??
本に載っているのと実際の写真をみるのとではまた違うんでしょうね。
そんなシーンを撮れるからプロになれたんでしょうねぇ。
2004/ 05/ 13 (木) 19: 10: 52 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
行って来ました~
東京でもやってたみたいですね。
その前に大阪でもやってたのですが、見逃したので京都で見れて良かったです。
メメント・モリは見てないのでその写真かどうかは良くわからないのですが
犬に喰われてる写真ありましたよ。
しかも、かなり大きいサイズでした。
でも、そんなにいやな感じではありませんでした。
といいつつ最後の方にバリの写真があったのですが、それを見たときはちょっとほっとしたのでした(笑)
2004/ 05/ 14 (金) 22: 07: 42 | URL | ふくちゃん♪ # 79D/WHSg[ 編集 ]
やっぱり犬に喰われている写真はあったのですか。
あの本は「死」の匂いがする写真ばっかりだったので衝撃的だったのかもしれません。
本じゃなく写真で見てみたいなぁ。
東京でやった時、見に行けばよかった。ちょっと後悔・・・・
2004/ 05/ 15 (土) 21: 59: 46 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
東京の写真展に展示されていた「人間が犬に喰われている写真」と
メメント・モリの写真は同じものでした。
メメント・モリはグロいですね。ほんとう食欲なくします。
食後30分くらいに読み始めるといいかもしれませんね(ん、薬か?)。
2004/ 05/ 15 (土) 22: 52: 00 | URL | crossroad # 79D/WHSg[ 編集 ]
>crossroadさん
こんばんは。やっぱり同じものだったんですか。
う~、ますます見に行けばよかったと後悔・・・
確かに食後に読むのが一番かも。食前だと副作用を起こすかも(笑)
2004/ 05/ 16 (日) 00: 40: 45 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
3月に東京大丸で、写真展と講演会サイン会があったんですね。
知らなかった。次回は必ず行くぞぉ~!
その時は、ひまわりさん、日が合えば、また、ご一緒しましょ♪
藤原新也さんの写真って、同じ写真でも、
その時の心理状態で見え方がだいぶ違ってきますね。
メメント・モリ、今日の私には穏やかさと静けさに泣けました。
職場等で「深夜特急」を手に持っているとまま、若者に声を掛けられ、
「全東洋街道」を持っていると、おじさんに声を掛けられました。
2004/ 05/ 16 (日) 15: 21: 23 | URL | nana # 79D/WHSg[ 編集 ]
>nanaさん
なにかまたいい写真展があったらその時は一緒に行きませう♪
確かに藤原新也さんの写真はその時の気分によって全然違うかも。
落ち込んでる時にメメント・モリを見たら余計に気分がブルーになりそう。
沢木耕太郎さんが好きか藤原新也さんが好きかによって世代がなんとなく分かりますね。
と言いつつも「深夜特急」をまだ読んだことない私でした。
2004/ 05/ 17 (月) 20: 06: 13 | URL | ひまわり # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は京都の大丸まで、藤原新也さんの写真展を見に行って来ました。大阪でもやっていたのですが見逃してしまっていたので、京都に来たときは絶対に忘れずに行かなければと思っていたのでした。藤原新也回顧展「藤原新也の聖地~旅と言葉の全軌跡」
2004/05/14(金) 22:01:28 | + @やのもなか +
藤原新也:文春文庫藤原さんが自身のHPで、そのときどきの考えや思索を自由に表現したものの編集。わたしはそのHPはあまりチェックしていないので、こういう形でまとめられているのは嬉しい。国際政治から野良猫まで、飽きずに楽しめる一冊。
2004/05/31(月) 16:41:12 | aujourd'hui
「メメント・モリ」と「うたたね」をブログに載せました。トラックバックします。
2004/06/06(日) 01:53:59 | cross-blog
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。