いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
橋を超え行こうよ その1
2005年 12月 14日 (水) 09:23 | 編集
約13時間電車に揺られてムガールサライ駅に到着。

India
camera:α Sweet DIGITAL

駅を出た瞬間、どっと沢山の客引きに囲まれる。
分かっていたことだけど、あーーーー、うざい!!!!
その中で、バラナシのガートまで二人で100RS(ルピー)で行くと言う運転手のオートリキシャに乗ることにした。

India

車も自転車もリキシャも、歩いている人もみーんな対当です。
これで、よく大きな交通事故が起こらないもんだ。
(実際はあるんだろうけど一回も見かけなかった)

India

India

なぜか途中で運転手が交代。
バック・マージンが貰えると思われるゲストハウス連れて行きたいみたいで、名刺を見せながら早口な英語で、まくしたててきた。
もうゲストハウスは決めていたし、そんなのは無視して無理矢理出発させたけど、運転手は腑に落ちない様子・・・
な~んか、イヤな予感がするぞ。

India

India

India

マーラヴィーヤ橋に着いた!ガンガー(ガンジス川)だ~。

その2へ

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。