いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄13号線&見学ナイト その3
2006年 06月 30日 (金) 23:48 | 編集
地下鉄13号線&見学ナイト



地下鉄13号線&見学ナイト

ガス管(写真)、NTTの地下ケーブルや水道管。
ライフラインを外側から見るのも、なんか変な感じがする。

地下鉄13号線&見学ナイト


地下鉄13号線&見学ナイト

質問の時間で、万が一事故が起こった時の連絡方法を聞いてみた。
地下は携帯通じないだろうし、どうやって連絡を取るのか疑問に思っていたのだ。
答えはPHSのアンテナが設置されており、グループの各リーダーがPHSをもっており現場事務所に連絡が入るようになっているそうだ。

平成19年に開通するそうなので無事に工事が終わりますように。


夜はネイキッド・ロフトで、トークライブ「見学ナイト」。
「社会科見学に行こう!」の管理人ぴろり、さんが二年間の軌跡、写真家・西澤丞さんが巨大建築や地下の魅力についてなどなど熱く語ったのでした。

西澤丞さんの写真集Deep Insideは、あの臨場感そのままで写真がすべて美しい!
綺麗な景色とまた違う美しさが、そこにはある。
6/27~7/9 青山ブックセンターで展示会をやっているので、ちょっとでも興味があるかたは是非見に行ってください。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
no_title
ひまわりさん、こんにちは。

地下鉄工事、事故無く完成して欲しいですね。私は、Tokyo Nobody や廃墟などの写真集に興味を惹かれる傾向があります。
(趣味が悪いかもしれませんね(笑))
2006/ 07/ 07 (金) 09: 41: 17 | URL | 林です # -[ 編集 ]
no_title
「廃墟」は、私もかなり轢かれる傾向があります。
林さんがおっしゃるとおり「趣味が悪い」って感じる人もいるようですが・・・・
あの哀愁漂う雰囲気が好きですよ。
ただちょっと怖いんで自分では撮りに行ったことはないんですけどね。

2006/ 07/ 08 (土) 22: 01: 51 | URL | ひまわり # lMBqkpAs[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。