いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 1日目
2006年 08月 04日 (金) 20:23 | 編集
ROCK IN JAPAN FESTIVAL
camera:fisheye

参戦してきました。ROCK IN JAPAN FESTIVAL2006!!
いや~、とにかく暑い2日間だった。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL
昼過ぎに到着。
すでに疲れきっている若者が何人もいる。
うわー、夜まで体力もつかな・・・
オフィシャルTシャツをゲットし、いざライブ会場へ。
お目当てのm-floのTシャツは売り切れでした(涙)
ROCK IN JAPAN FESTIVAL
*KREVA (GRASS STAGE)
WAR WAR ZONE feat.CUEZERO
ファンキ-グラマラス feat.Mummy-D
音色
スタート
イッサイガッサイ

気がついた時にはもう始まっていました。
KREVAってm-floの「ONE DAY KREVA remix」で初めて知り、声がとても素敵だなーって思ったんだけど、生で聞きより一層好きになりましたよ。
「今夜はブギーバック」原曲大好きだから聞きたかったです。

*m-flo (GRASS STAGE)
一緒に行った友たちは特にファンではないので、ここは一人で前のほうに。
リハ中、TAKUが出てきてテンションが上がる、上がる。

スクリーンにm-floの文字が出てきて

TAKUちゃんが登場。そしてVERBALも登場!!
二人とも浴衣姿で、とっても素敵~。

久々のライブで興奮していたんでセットリストうる覚え。
(メドレーだったんで一部しか歌ってないのもアリ)

miss you
Taste Your Stuff
come again
been so long
The Love Bug
HEARTBREAKER
STARSTRUCK
DO U LIKE IT?
gET oN!
パラダイス・ベイベー
let go
Lotta Love
Summer Time Love

Taste your stuffとかRyoheiさんが女性のパートを歌って、それが案外あっているのよ。
let goは絵美ちゃんバージョンよかったけど、なんとなくYOSHIKAのも聞きたくなってしまった。

「Lotta Love」でゲストでMINMIが登場。
ピンクのビキニが可愛い~。
周りにいた女のコ達も「可愛い~」と叫んでいました。
曲が始まったら、会場は大盛り上がり。
サビでは、みんなジャンプしながらタオルを振りまくり!!
すっごく楽しかった~。

そして、最後はモチロン「Summer time love」。
あっという間の50分間でした。
ちなみに友達はRyoheiさんに惚れたらしいです(笑)

*平井堅 (GRASS STAGE)
POP STAR
思いが重なるその前に
楽園
バイマイメロディ
KISS OF LIFE
瞳をとじて
even if

「Rockのかけらもないような私が出てきてすみません」 と笑わせながらも、皆を聞き入られてしまうあの歌唱力はすごい!
あんな高音どうやったら出るんだ。
騒ぐだけがフェスじゃないんだと教えられました。
MCがシモネタで面白かった~。

*PUFFY (LAKE STAGE)
HiHi
モグラライク
渚にまつわるエトセトラ
サーキットの娘
Shall We Dance?
Tokyo I'm on my way
Basket Case
アジアの純真

周りを見渡すと同年代っぽい人が多かったような←妙な安心感があったりする(笑)
デビュー10周年だそうで。そりゃ自分も歳とったはずだ、なんて思ったり。
「渚にまつわるエトセトラ」や「モグラライク」は自然にあの振り付けが出るし「アジアの純真」は皆ジャンプしまくりでした。
GREEN DAYの「Basket Case」をかっこよく歌いこなしているのは以外でした。(ライブでは定番みたい)
最近の曲はあまり聞いてなかったんで、今度アルバム聞いてみよう。

*くるり (GRASS STAGE)
Tonight is The Night
THE VERANDA
ロックンロール
東京
ばらの花
ナイトライダー
Ring Ring Ring!
ワンダーフォーゲル



しょぱなからアンダーで次はマイナーな曲でどうなってしまうのかと、ちょっと心配になったが「ロックンロール」や「東京」で盛り上がる。
といっても、まったりくるりモードで。
「ばらの花」が始まった時は「おぉ~」と会場がどよめいていました。
「ワンダーフォーゲル」はやっぱり盛り上がりますね。
しかし岸田君は風邪ひいて声出なかったそうで。
「虹」と「街」は声を振り絞って歌っていましたが、最後「あれ?終わったの??」て感じで。
後ろのほうだったからよく見えなくて・・・
宿に着いてから携帯からmixiでコミュを見て知ったんだけどギターを投げ付けていたらしい。
そんなことがあったのか。

公式HPの「岸田日記」で経緯が書いてありました。
http://www.quruli.net/cgi-bin/diary.cgi

岸田君の中で感情が高ぶり、いろんな思いが爆発したのかもしれない。
本人じゃないから分からないけど。
サマソニでは楽しそうに演奏する姿を見たい。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。