いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAL機体整備工場 その1
2007年 02月 08日 (木) 23:38 | 編集
先日BUNさんの幹事でJAL機体整備工場と品川火力発電所に見学してきました。

まず始めは座学。説明してくれたのはJALのOBのかた。
メモったことをまとめると。
・風に向かって離陸し、風に向かって着陸する。
・羽田空港には3本の滑走路があり、B滑走路は横風用。
(横風用は羽田しかない)
・国際線がもう1本できる予定。
・ジャンボ機を80機保有しており世界一だが原油高の影響を受け赤字の要因の一つになっている。
・1970年に初就航し、当時は3人で運転していたが航空機関士の仕事は機械がやるようになってしまい今は2人。
・燃料を満タンに入れると総重量390トンになり、ロンドン行きだとに4000mの滑走距離が必要だが羽田は3000mと短いので無理。成田でギリギリ。
・飛行機はアルミ合金で「ハニカム構造」
ハニは蜂のことで羽の中は蜂の巣のようになっている。
これで機体重量が軽くなった。
・離陸時はフラップを開き翼の面積を広くして揚力が増す。
・着陸はスポイラーを立てて減速させる。
車輪のブレーキ80%、エンジン17%、スポイラー3%の3つのブレーキで止まる。

JAL整備工場
camera:α Sweet DIGITAL

説明が一通り終わったらM1格納庫へ。
扉を開けたらすぐに飛行機があり、その迫力に我を忘れてはしゃぐ大人たち。

JAL整備工場

JAL整備工場

連絡廊下をわたってM2格納庫へ。

JAL整備工場

こちらでは一階に降りて見学。かなり近くまで寄って見ることができました。
エンジンをこんなにはっきりと見れるなんて・・スゴイ。

JAL整備工場


JAL整備工場

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。