いつでも、どこでもカメラと一緒。
アメノチハレ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第18節vs川崎フロンターレ
2008年 07月 23日 (水) 00:08 | 編集
川崎戦
camera:FinePix F40fd

高原がホーム初ゴールを決めて前半20分ぐらいまではいい流れで「やっぱり川崎相手だと選手も気合が入るんだなー」と思っていたんだけど・・・
いやー、それ以降がホントに酷かった。酷すぎでした。
集中力と気力が欠けたプレーのオンパレード。
失点の仕方も毎回、同じ。

達也→永井の交代も意味分からなかった。
永井が投入されて流れはよくなたけど動いてない選手と交代させるべきなんじゃないの。
つーか、走らない選手が先発って・・・

エジの契約について、いろいろと噂があるけど、それが本当なら先発に入れるように頑張っている他の選手達の努力は無駄だってこと?フロントはチームを退化させたいのかい??

ゲルトがどんなサッカーをやりたいのか分からない。
単なる仲良しチームになっただけじゃん。
このままじゃ、何かを変えないとチームは崩壊しちゃうよ。
試合終了後、拍手もブーイングもしなかったけど(する気力もなかった)「ク○ッタレコール」は複雑な気分でした・・・

そうそう、坪井の復活は嬉しかったです。

川崎戦

試合結果
浦和レッズ1-3(前半1-1)川崎フロンターレ
得点者:7分高原、27分伊藤(川崎)、66分鄭(川崎)、68分ジュニオール(川崎)
入場者数:51,168人
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) アメノチハレ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。